アルコール代謝

年末年始は酒を飲む機会が増えます。

肝臓は大丈夫でしょうか。

今回はアルコールの代謝について書いてみます。

ビールで乾杯

体内に入ったアルコールは20%が胃で、80%が小腸で吸収されます。そして血管を通って肝臓に集められ、酵素によって分解されます。

(エチル)アルコールは肝臓の中で

エチルアルコール → アセトアルデヒド → 酢酸

と分解されて、酢酸は血液に乗って全身に巡り、水と二酸化炭素に分解され、汗や尿、呼気中に含まれて外へ排出されます。

アルコールをアセトアルデヒドに分解する酵素はアルコール脱水素酵素(ADH)です。それをさらに酢酸に分解する酵素はアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)です。

アセトアルデヒドは人体には毒性があり、発がん性も疑われている物質です。エチルアルコールがアセドアルデヒドに分解されて、そこからスムーズに酢酸へと分解されない人はフラッシングや二日酔いになることが多くなります。フラッシングというのは顔が赤くなる、吐き気がする、動機、眠気に襲われることで、二日酔いは頭痛が伴いますが、その原因となっているのが分解されずに残っているアセトアルデヒドです。

ALDHには2種類あります。

ALDH1型血中アセトアルデヒド濃度が高くなってから作用が始まり、ゆっくり分解する酵素(やや弱い酵素)

ALDH2型:血中アセトアルデヒド濃度が低い時点から作用する強力な酵素

酒に強い人はALDH2型の働きが強い遺伝子形をしているのです。遺伝子形には3つ型があります。

NN型:ALDH2型の正常活性遺伝子型(上戸)酒に強い

ND型:NN型の16分の1の活性しかない遺伝子型(ある程度は飲める)

DD型:ALDH2型の活性のない遺伝子型(下戸)ほとんど飲めない

同じ量の酒を飲んだ場合の血中アセトアルデヒド濃度は、ND型はNN型の人の4~5倍、DD型はNN型の人の20~30倍になるそうです。

キリンビールのホームページ

https://www.kirin.co.jp/csv/arp/proper/criterion.html

によると、日本人の場合、NN型が56%、ND型が40%、DD型が4%となっています。

お酒は、自分の体質を知って相手の酒に対する強さも知って、適量を気持ちよく飲みたいものです。

酒を飲む機会が増えるとだんだん強くなっていく、という現象があります。これは、アルコールを分解する際に、MEOS(ミクロソームエタノール酸化酵素)が加わるからです。

MEOSはアルコール量が増えると活性化する特性があります。

飲酒の頻度が多くなると、お酒に強くなっていくのは酵素の特性によるものです。しかし、限度がありますし、肝臓にかかる負担は変わらないので、MEOSが活発するほどたくさん飲酒をすると、肝臓障害を招くことになりますので注意が必要です。

節度を持って、楽しい酒を飲みましょう。

Follow me please !

前の記事

生活習慣病の予防

次の記事

脚の動脈硬化