1.疲労の種類

人は疲れてくると、動作が緩慢になり、行動量も減少します。また、注意力がなくなり、刺激に対する反応も鈍くなります。つまり「活動能力」が低下するということです。

①刺激に対する反応が遅くなる

②思考力が低下し、注意力が散漫になる

③動作が緩慢で、行動量が低下する

日本疲労学会では、「疲労とは過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である」と定義しています。

「疲れ」は肉体的疲労、精神的・神経的疲労に分けることができます。

<肉体的疲労 ~ 末梢性疲労>

スポーツでカラダを酷使した後であっても心地よさを感じることがあるでしょう。これが末梢性疲労と呼ばれるものです。

横紋筋だけでなく内臓の筋肉も、酷使することにより機能が低下し、疲弊します。筋肉に比べて内臓の疲弊は表に出るのが遅く、自覚症状がないまま重症化することあります。

<精神的・神経的疲労 ~ 中枢性疲労>

ストレスや緊張状態が続くと、ぐったり疲れてしまいます。これが、中枢性疲労です。視

神経や脳が緊張した状態が続くことによって起こる、頭の疲れです。

からだの疲れとは別に、脳内の活動が活発になることにより大量の活性酸素が生じ、酸化ストレスと言われる状態になります。活性酸素が一定量を超えると、疲れやだるさを感じるようになります。

これは、脳の自律神経中枢へのダメージととらえることができます。

脳の疲労を放置していると、身体的・精神的な障害だけでなく、自律神経、免疫やホルモンなどを正常に維持するシステムのバランスまで崩れていきます。

中枢性疲労は、体のバランスを維持する自律神経を酷使した結果、神経細胞が活性酸素による酸化ストレスで破壊され、疲労が起こると考えられています。

2.慢性疲労

慢性疲労症候群は、一般的な疲労とは全く違うもので、厚生労働省で診断基準が設けられているれっきとした「病気」です。

慢性疲労症候群とは、身体診察や臨床検査で客観的な異常が認められない状況ではあるのですが、日常生活を送れないほどの重度の疲労感が長期間続く状態をいい、その原因は、ウイルス感染、免疫・内分泌・代謝異常、精神的な疾患など、さまざまな説があるものの、身体的なもの、精神的なものを含め分かっていません。

・休養や睡眠をとっても回復しない

・6ヵ月以上、病的な全身疲労感におそわれている

慢性疲労症候群は多くの場合、ストレスになる出来事の後で発生することが多いです。しかし、発症前には上手く生活できており、機能的にも問題がなかったケースがほとんどです。

主な症状は「どうにもならない疲労」ですが、

この疲労は日常生活に支障があるほど重度で、通常6カ月以上続きます。

朝起きたときからひどい疲労を感じ、それが1日中続きます。

そして、身体活動や精神的ストレスを感じているときに悪化します。

ただし、筋力の低下、関節や神経の異常などの証拠がみられることはありません。

ウイルス感染症様の症状が出ているときかその後で極度の疲労が生じ、発熱、鼻水、リンパ節の痛みや圧痛が伴うこともあります。

しかし、多くの人では、先にウイルス感染症様の症状が出ることなしに疲労が現れ始めます。

慢性疲労には、漢方薬が有効ともされています。

中でも、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」はその代表格です。

このほか、六味丸(ろくみがん)や八味地黄丸(はちみじおうがん)も使用されることがあります。

慢性疲労症候群の治療は未だ確立されていませんが、うつ病の治療に使われる医薬品が有効とされています。

医師に診てもらうというのが、確実な方法です。

診療科目の中に漢方内科があります。西洋医学よりも漢方医学が有効な場合もあります。

参考文献

公益財団法人世田谷区保健センター http://www.setagayaku-hokencenter.or.jp/

ニプロすこやかネット https://www.nipro.co.jp/

アリナミン https://alinamin.jp/

MSDマニュアル https://www.msdmanuals.com/