冷え性は低体温とは別のものです。

冷え性とは「普通の人が寒さを感じないくらいの温度でも、全身や手足、下半身など体の一部や全身が冷えてつらい症状」とされています。

冷え症は、血液の流れが悪いため毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、そのために手足などが冷えてしまうのです。

気温とは関係なく体が温まらないので、真夏であっても冷え症の症状は出ます。冷え症には日々の生活習慣が大きくかかわっています。

恒常性という言葉を聞いたことがあると思います。体温を一定に保つ働きのことですが、環境が寒冷だと人体は体の中心部分の温度を保つために末端の血液を中心部に集めます。

つまり、四肢末端や皮膚表面などの血管を収縮させて熱の拡散を防ぎ、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液を集めて、体温を維持しようとするのです。

そのため血液が行き渡りにくくなった手先や足先は、温度が下がるのです。さらに寒いと、体がふるえますが、これは筋肉を動かすことで熱を作り出そうとする反応です。

<冷え性の原因>

1.積冷

冷え性は、いわゆる体質的な側面だけが原因ではありません。

効き過ぎたエアコン、偏った食生活、夜型の生活、仕事のストレス等の積み重ねが原因になることがあります。これを東洋医学で「積冷」といいます。

冬ばかりでなく、夏場の冷え性も多く見られます。外の暑さで汗をかき、冷房がきいた室内で冷やされ、汗が乾くときにも熱が奪われていきます。この繰り返しが、冷え性の原因となってしまいます。

2.運動不足

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くしてしまいます。

また運動しないと、筋肉量が低下してきますので、熱を十分に体内で産生することができず、体を温められなくなります。

特に女性の場合、男性よりも筋肉量が少ないので熱を作りにくく冷えやすい体質になりがちだだといえます。また、高齢になってきて筋肉量が少なくなると冷え性になってしまうこともあります。

3.栄養不足(不適切なダイエット)

身体のエネルギーや体温を保つためには三大栄養素を取る必要があります。さらに、それらを分解するための酵素群、ミネラル類も必要です。

しかし、過度なダイエットによってこれらが不足してしまうとエネルギーや熱を上手に作れず、体温を適切に保てなくなり、冷え性につながります。

4.動脈硬化の進行

足の動脈の病気で多いのが、動脈が途中で狭くなったり、詰まったりする動脈硬化によって、酸素不足や栄養不足を起こす「末梢動脈疾患(PAD)」です。

下半身に向かう動脈は、骨盤の部分で枝分かれし、太もも・ふくらはぎを通って、足の指先に向かって血液を送っています。

このふくらはぎ、太もも、骨盤の中を通る太い血管そのものが狭くなったり詰まったりすると、血液が十分には流れず、酸素不足、栄養不足となってしまいます。

PADが進行すると、やがて「間欠性跛行」(しばらく歩くと痛みが出る、休むとまた歩ける、という症状)があらわれ、それが進行すると安静時にも疼痛が起こるようになります。

<冷え性対策>

1.衣類で対応

体幹部の深部を温めると、熱放散が増え交感神経の緊張がゆるみ、体の末端である手足への血流も増え温かくなります。腕・胸・背中・お腹を温める衣類を着用します。

ただし厚着をして体を圧迫し過ぎないように注意が必要。また、皮膚に直接触れる下着など衣類は、吸湿性が良く乾燥しやすい素材のものを使うと体が温まりやすくなります。綿のように乾燥しづらい素材は適していません。

2.有効成分の摂取

朝鮮人参の根はジンセノシド(パナキソシド)と呼ばれる化学物質を含有しており、これが有効成分と考えられています

一般的に「活力向上」「美容効果」がうたわれていますが、冷え性に効果のある成分です。

「ジンゲロール:化学式C17264」は生の生姜に多く含まれている辛み成分で、殺菌作用が知られています。

生姜は発汗を促し、新陳代謝を促進して体を芯から温める作用があるため、特にかぜの諸症状、冷え性に効果的です。

他にも血流促進、消化促進、代謝促進の効果があります。

3.運動をする、栄養を取る

運動量の多い人は炭水化物を多めにとれば多くの熱量が発生し、あまり運動をしない人はタンパク質を多めにとると熱が発生しやすくなります。

これは、タンパク質は、脱アミノ反応やアミノ基から尿素を生成する反応の過程で運動とは関係なく熱を産生し、炭水化物は肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられ、筋肉を動かすとグリコーゲンが産熱するからです。

冷え性の原因のところでも書きましたが、好き嫌いとかダイエットなどで栄養が偏っていると冷え性になりやすいので気を付けましょう。

「生活習慣病」という言葉が普及していますが、食事や運動など生活習慣を改善することで疾病の予防や治療に役立つことが西洋医学的でも、ようやく認識されてきました。

漢方では古くから衣食住をはじめとする生活全般にわたる注意、つまり「養生(ようじょう)」が重視されており、冷え性対策においても、いろいろな角度から日常生活を改善していくことが有効です。